台湾経済:2022年工業生産統計 (10月分更新)

10月 鉱業の安定した成長

 

  • 先月との比較:202210月の工業生産指数は77ポイントで、先月比1.33ポイント減となり、中でも製造業は1.21%ポイント減となりました。季節変動調整後では、工業生産指数は、1.65%増、製造業は2.08%増となりました。
  • 昨年同期との比較:工業生産は56%減となりました。中でも製造業は3.40%減で、電力及びガス供給業は6.36%減となりました。また、鉱業及び土石採取業は6.84%増、用水供給業は2.52%増となりました。
  • 1月から10月までの累計と昨年同期との比較:工業生産は58%増となり、中でも製造業は2.71%増となりました。

 

以上を中華民國經濟部の記事から一部を翻訳しました。

9月 パソコン・電子工学が大きく上昇

 

  • 先月との比較;20229月の工業生産指数は10ポイントで、先月から6.31%減少しました。中でも製造業が6.18%減少しました。季節変動調整後では、工業生産が5.52%減少し、製造業が6.13%減少となりました。
  • 昨年同月との比較;工業生産が80%減少しました。中でも製造業が4.83%減少し、電力及び燃焼ガス供給業が4.93%減少しました。また、鉱業及び土石採取業が5.88%増加し、用水供給業が3.97%増加しました。
  • 昨年同期との比較;2022年第3季工業生産指数は56ポイントで、前季より1.86%増加し、中でも製造業が1.45%増加しました。昨年同期比では、工業生産が0.01%減少し、製造業が0.03%増加しました。
  • 1月から9月までの累計と昨年同期との比較;工業生産が25%増加し、製造業が3.38%増加しました。

 

以上を中華民國經濟部の記事から一部を翻訳しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事