台湾経済:2022年受注輸出統計 10月分更新

10月 先月から約9%減少

 

 

  • 先月との比較:10月の受注輸出額は554.0億ドルで、先月から55.4億ドル(9.1%)減となりました。季節変動調整後の比較では4.3%減となりました。
  • 昨年同月との比較:受注輸出は37.0億ドル(6.3%)減となり、台湾元換算で7.2%増となりました。
  • 1月から10月までの累計と昨年同期との比較:1月から10月までの累計額は、5,644.7億ドルで、昨年同期から4億ドル(4.4%)増となりました。

 

以上を中華民國經濟部の記事から一部を翻訳しました。

9月 輸出額先月比で大きく増加

 

  • 先月との比較: 9月の受注輸出額は3億ドルで、先月から63.5億ドル(11.6%)増加しました。季節変動調整後では0.4%減少しました。
  • 昨年同月との比較:受注輸出額は7億ドル(3.1%)減少しました。台湾元レート換算で、9.1%増加しました。
  • 前季、昨年同期との比較:3季の受注輸出額は1,697.8億ドルで、前季から1億ドル(2.2%)増加しました。昨年同期比では19.3億ドル(1.1%)減少となりました。
  • 今年3季までの合計額は、5,090.7億ドルで、昨年同期比では4億ドル(5.7%)増加となりました。

 

以上を中華民國經濟部の記事から一部を翻訳しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事