台湾経済:景気対策信号 (2022年10月分更新)

10月 貿易面では好調を維持

 

1202210月の景気対策総合判断信号は18ポイントで、先月から1ポイント増加しました。信号は引き続き黄青色です。9つの構成項目のうち、機械及び電機設備輸入値の信号は、緑色から赤色に変化し、2ポイント増加しました。貨幣総計数M1Bの信号は、緑色から黄青色に変化し、1ポイント減少しました。その他の7項目について信号の変化は、していません。

 

2、電子製品の新登場を受け、カーエレクトロニクス、ハイパフォーマンスコンピューティングなどの需要は維持し、貿易面での指標は成長を維持しています。また、国民の生活も徐々に元の生活を取り戻してきており、卸売・小売及び飲食業営業額は成長を維持しています。

 

3、しかし世界的な経済成長の鈍化、最終市場の需要低迷、世界的な株式市場の影響を受け、10月の貨幣総計数M1B、株価指数、工業生産指数、製造業売上指数及び製造業営業気候観測ポイントが先月から下降しました。

 

4、今後の展望として、欧米の年末商戦や春節での需要が続く中、新興技術やデジタルトランスフォーメーションの需要も引き続き好調と思われます。投資面では、国内外の半導体サプライチェーンが台湾への投資を拡大し、グリーンエネルギーへの投資と台湾への投資を継続し、公共設備への工事もt進んでいるため、投資の勢いを維持することができます。内需面でも、国内のコロナ感染対策が緩和されているため、コロナ禍以前の生活消費に戻りつつあります。しかし世界的な経済成長の鈍化やインフレ、ロシアの軍事侵攻に加え中国のコロナ感染対策など、世界経済の不安定要素があるため、今後も注視し続ける必要があります。

 

以上を國家發展委員會の記事から一部を翻訳しました。

9月 卸売・小売及び飲食業営業額の回復傾向

 

120229月の景気対策総合判断信号は、17ポイントで先月から6ポイント減少しました。信号は黄青色です。景気の成長は鈍化し、今後の注視する必要があります。

 

2、電子製品の新登場を受け、カーエレクトロニクス、ハイパフォーマンスコンピューティングなどの需要は維持し、貿易面での指標は成長を維持しています。また、国民の生活も徐々に元の生活を取り戻してきており、卸売・小売及び飲食業営業額は成長を維持しています。

 

3、世界経済のインフレ圧力や、ロシアの軍事侵攻や、主要国の金融引き締めや、末端需要の低迷や、在庫調整が続いており、9月の株価指数や、工業生産指数、製造業売上指数及び製造業営業気候観測ポイントの下降に影響を与えました。

 

4、今後の展望として、輸出面では新興技術や応用テクノロジーやデジタルトランスフォーメーションの需要が継続したことや、欧米での年末消費者需要が輸出を支えると思われます。内需面では、入国制限が緩和されたことにより、消費も安定すると思われます。しかし、世界的なインフレ圧力や、ロシアの軍事侵攻や、中国のコロナ対策など、注視する必要があります。

 

以上の記事國家發展委員會から一部を翻訳しました。

6月 貿易面が引き続き好調

2022年6月の景気対策信号総合判断ポイントは27ポイントで、先月から1ポイント減少し、信号は引き続き緑色です。

 

世界経済はロシアの軍事侵略、世界的な高インフレ圧力、主要国の金融引き締め政策の影響を受け、企業の成長ペースが大きく鈍化し株式市場などにも影響を及ぼしたことにより、6月分の工業生産指数変動率、株価指数変動率、製造業営業気候観測ポイントが低下しました。また貿易面では、新興応用技術やデジタルトランスフォーメーションに対する需要が引き続き好調でした。内需面では、国内のコロナウイルス感染対策が緩和されてきたことと、昨年同月は警戒レベル3だったため、卸売・小売及び飲食業の売上高と非農業部門の雇用がともに昨年同期比で拡大しました。

今後の展望としては、国内の消費モメンタムは引き続き回復し、輸出と投資のモメンタムも継続的に成長すると予想されています。しかしロシアの軍事侵略、コロナウイルス問題は未だ解決されておらず、今後も動向を注視し続ける必要があります。

 

以上を國家發展委員會から一部を翻訳しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事