台湾経済:2023年景気信号 (3月更新)

4月 🔵内需は比較的活発

 

2023年4月の景気対策信号の総合判断スコアは11で、前月と同じであり、信号は引き続き青色です。景気先行指標は6ヶ月連続で上昇していますが、上昇幅は縮小しており、同時指標は引き続き下落しています。これは国内の景気成長の勢いが依然として弱いことを示しています。

 

グローバルな終端需要の疲弊により、4月の生産、貿易、金融、信頼指標はまだ低迷しています。しかし、内需は比較的活発であり、小売業と飲食業の売上高が安定的に成長し、サービス業の雇用人数も回復しています。

 

今後の展望として、グローバルな景気の低迷が引き続き私たちの国の輸出業績に影響を与える可能性がありますが、高性能コンピューティング、データセンター、人工知能などの新興技術の発展が一部の輸出の活力を後押しすることが期待されます。

 

投資面では、国内の環境エネルギーと投資台湾の3つの大きな計画が継続的に実施されており、政府は公共建設予算を拡大し、産業のスマート化や低炭素化の設備や技術導入を積極的に支援しています。これらの取り組みは投資の勢いを維持するのに役立っています。需要面では、感染症の影響が薄れるにつれて、国内の消費活動が増加しています。また、政府は経済成果を共有するための全民共有経済の推進策もあり、内需市場の活気を維持するのに寄与しています。

 

全体として、現在の多くの機関は、今年の後半に台湾の経済が前半より改善すると予測しています。しかし、世界的なインフレーションと金融情勢の展開、米中の対立などの不確定要素がまだ存在し、国内の景気への影響には注意が必要です。

 

以上を國家發展委員會の記事から一部を翻訳しました。

 

3月 🔵貿易は低調を維持

 112年3月の景気対策信号の総合判断スコアは11点で、先月より1点増加し、ランプは引き続き青信号となっています。

 

 世界的な最終需要は依然として低迷しており、産業チェーンは在庫を調整し続けています。その結果、3月の生産面、貿易面、金融面は依然として低調でしたが、信頼感指数はわずかに改善し、内需は比較的活況を呈しており、小売業や飲食業の売上高は昨年同期比で拡大しました。

 

 今後の展望は、世界的な経済成長と貿易は低調なままであり、引き続き台湾の輸出力を制約する可能性があります。しかし、高効率計算、データセンター、人工知能などの新技術の応用開発が進むことにより、関連する部品や装置の受注増加が見込まれます。投資に関しては、国内のグリーンエネルギー投資が継続しており、政府が公共建設費を拡大し、実行率を積極的に向上させ、台湾投資三大計画を実施することで、投資の勢いを支えることが期待されています。

 

 内需に関しては、国内の新型コロナウイルス感染症の制御が緩和されるにつれ、政府は疫後経済と社会の弾力性を強化し、共有経済の成果を促進する措置を推進することにより、国内投資と消費を促進することができます。ただし、グローバルなインフレ率の低下は限定的であり、金融システムのリスクはまだ高いままです。また、ウクライナとロシアの対立が続き、米中の対立が続くなど、不確実な要因が残っており、国内景気に与える影響には注意が必要です。

 

以上を國家發展委員會の記事から一部を翻訳しました。

2月 🔵投資の勢いは好調を維持

 2023年2月の景気対策総合判断点数は前月から1ポイント減少し、10ポイントとなりました。信号は引き続き青色のままです。

 

 世界経済はインフレや金利上昇の影響や最終需要の需要低迷、在庫調整の継続などにより伸び悩んだ結果、1月の生産面、貿易面、金融面、信頼面に関する指標はいずれも低調に推移しました。しかし国内消費は好調を維持し、小売業及び飲食業の売上高は前年同月から大きく伸びました。

 今後の展望は、対外貿易需要が弱まっていることにより、台湾の輸出実績は引き続き低迷すると思われます。投資面では、半導体製造プロセスやグリーンエネルギーへの継続的な投資、政府による公共建設予算の拡大、台湾における3つの大型投資プログラムの実施などにより、投資の勢いは維持されると思われます。内需面では、コロナの影響が薄れつつある中、コロナ禍後の経済の回復力が強まり、消費者の勢いを増すと期待されます。

 

 しかし、インフレや利上げの圧力は依然として強く、ロシアの軍事侵攻も続いていることや米中さらなる関係悪化により、世界経済の下振れリスクは依然として高いため、今後の展開に注視して適時対応する必要があります。

以上を國家發展委員會の記事から一部を翻訳しました。

1月 🔵国内消費は好調を維持

 2023年1月の景気対策信号総合判断点数は前月から1ポイント減少し、1ポイントとなりました。信号は青色のままです。

世界経済はインフレや金利上昇の影響や最終需要の需要低迷、在庫調整の継続などにより伸び悩んだ結果、1月の生産面、貿易面、金融面、信頼面に関する指標はいずれも低調に推移しました。しかし国内消費は好調を維持し、小売業及び飲食業の売上高は前年同月から大きく伸びました。

今後の展望として、外需の低迷が国内経済に与える影響を緩和するために、政府は経済・社会の強靭性を強化する特別予算を提案し、コロナ禍後の経済回復に向けて動いていきます。

世界経済と貿易の低成長により、輸出実績に大きな影響を与える可能性があります。投資面では、国内半導体サプライチェーンの継続、グリーンエネルギーへの投資、台湾3大投資プロジェクトに加え、国境を越えた旅行の増加とそれに伴う航空機の購入、政府による公共建設の拡大などが投資の勢いを支えました。内需面では、防疫措置が徐々に緩和され消費の勢いが回復することが期待されてます。

しかし、インフレや利上げの圧力は依然として強く、ロシアの軍事侵攻も続いていることや米中さらなる関係悪化により、世界経済の下振れリスクは依然として高いため、今後の展開に注視して適時対応する必要があります。

以上を國家發展委員會の記事から一部を翻訳しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
会社設立物語
台湾会社設立物語 第五回「就労ビザ取得条件」
台湾会社設立物語とは:台湾で会社を作ってみたいという方、必見の情報を掲載しています。 台湾で会社をつくろう! 第五回 「就労ビザって誰でもと...
台湾経済: 景気はいつ回復するか?
台湾NEWS
台湾経済: 景気はいつ回復するか?
國發會主委:遅くとも第4季には明らかな回復が見られる可能性   輸出受注は8か月連続のマイナス成長で、景気がいつ回復するかが注目されています...
会社設立物語
台湾会社設立物語 第十回「ボーナス・所得税」
台湾会社設立物語とは:台湾で会社を作ってみたいという方、必見の情報を掲載しています。 台湾で会社をつくろう! 第十回  「人材採用費用につい...