台湾経済:2023年景気信号

1月 🔵国内消費は好調を維持

 2023年1月の景気対策信号総合判断点数は前月から1ポイント減少し、1ポイントとなりました。信号は青色のままです。

世界経済はインフレや金利上昇の影響や最終需要の需要低迷、在庫調整の継続などにより伸び悩んだ結果、1月の生産面、貿易面、金融面、信頼面に関する指標はいずれも低調に推移しました。しかし国内消費は好調を維持し、小売業及び飲食業の売上高は前年同月から大きく伸びました。

今後の展望として、外需の低迷が国内経済に与える影響を緩和するために、政府は経済・社会の強靭性を強化する特別予算を提案し、コロナ禍後の経済回復に向けて動いていきます。

世界経済と貿易の低成長により、輸出実績に大きな影響を与える可能性があります。投資面では、国内半導体サプライチェーンの継続、グリーンエネルギーへの投資、台湾3大投資プロジェクトに加え、国境を越えた旅行の増加とそれに伴う航空機の購入、政府による公共建設の拡大などが投資の勢いを支えました。内需面では、防疫措置が徐々に緩和され消費の勢いが回復することが期待されてます。

しかし、インフレや利上げの圧力は依然として強く、ロシアの軍事侵攻も続いていることや米中さらなる関係悪化により、世界経済の下振れリスクは依然として高いため、今後の展開に注視して適時対応する必要があります。

以上を國家發展委員會の記事から一部を翻訳しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
台湾経済:来年第1季の景気は引き続き鈍化 
台湾NEWS
台湾経済:来年第1季の景気は引き続き鈍化 
下半期は回復へ  11月の景気対策信号判断点数は、世界的な金融危機以来、13年ぶりの低水準となりました。國發會は国内の景気は成長しているため...
台湾経済:經濟部が飲食店のテイクアウトを支援へ
台湾NEWS
台湾経済:經濟部が飲食店のテイクアウトを支援へ
先着200の業者に最大9000元の開発補助金支給 コロナウイルスの流行はビジネス・経済や社会に大きな影響を与え、レストランでの外食習慣が徐々...
台湾経済: 111年2月景気概要プレスリリース
台湾NEWS
台湾経済: 111年2月景気概要プレスリリース
内需は引き続き好調 111年2月景気対策信号の総合点数は34ポイントで、先月より2ポイント低下し信号は引き続き黄赤色でした。先行指標はポイン...
台湾労働:2023年の「民族掃墓節及兒童節」に雇用主が気をつけなければならないことについて
台湾NEWS
台湾労働:2023年の「民族掃墓節及兒童節」に雇用主が気をつけなければならないことについて
祝日出勤の場合、法律に従って賃金を支払わなければなりません    民族掃墓節、兒童節は国民の祝日であり、雇用主は<労働基準法>に...
台湾経済:製造業観測ポイント2ヶ月連続で上昇
台湾NEWS
台湾経済:製造業観測ポイント2ヶ月連続で上昇
中国の感染対策緩和の影響  台灣經濟研究院が景氣動向調查を発表し、昨年12月の製造業と建設業の営業観測ポイントは共に上昇し、中でも製造業は2...
台湾労務: 退職金未払いによる罰金3年間で450万元に
台湾NEWS
台湾労務: 退職金未払いによる罰金3年間で450万元に
件数の大半が中小企業 〔記者蔡淑媛/台中報導〕台中市労働統計局は2019年から2021年にかけて雇用主が退職金を支払わなかった、退職金の計算...
台湾経済: 2022年8月景気概要プレスリリース
台湾NEWS
台湾経済: 2022年8月景気概要プレスリリース
輸出面は継続的な成長を維持  2022年8月の総合判断点数は23ポイントで、先月から1ポイント減少し、信号は引き続き緑色です。先行指標・一致...