台湾経済:111年6月国外貿易統計概要

輸出主要製品の成長率では鉱山物がトップでした。

(1) 台湾の輸出入について
1、 輸出;6月輸出総額は422.0億ドルで、昨年同月比は15.2%でした。1月から6月までの累計輸出総額は2,466.8億ドルで、成長率は19.2%でした。
2、 輸入;6月輸入総額は375.6億ドルで、昨年同月比は19.2%でした。1月から6月までの累計輸出総計は2,189.7億ドルで、成長率は24.80%でした。
(2) 輸出主要製品
輸出主要製品の40.9%が電気製品構成素材(172.7億ドル)となりました。昨年同期比最大となったのが、106.1%の鉱山物となりました。1月から6月まで輸出主要製品は軒並み2桁成長しており、鉱山物の91.8%が1番の増加幅となりました。
(3) 輸出主要国家
5大輸出国家昨年比増加率の大きい順に、日本(35.3%)、アメリカ(27.9%)、ASEAN(27.2%)、ヨーロッパ(25.1%)、中国大陸及び香港(-4.5%)となり、1-6月までの累計成長率は29.5%でアメリカがトップです。
(4) 主要輸出入成長率
1、 輸出; 成長率の大きい順に、アメリカ19.5%(1-6月)、台湾19.2%(1-6月)、シンガポール18.0%(1-6月)、韓国15.6%(1-6月)、中国大陸13.3%(1-6月)となりました。
2、 輸入;成長率の大きい順に、ヨーロッパ33.0%(1-4月)、韓国26.2%(1-6月)、台湾24.8%(1-6月)、シンガポール23.7%(1-5月)、アメリカ22.4%(1-5月)、日本20.9%(1-5月)、中国大陸7.5%(1-5月)となりました。

以上を中華民國經濟部の記事から一部を翻訳しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事