台湾景気:9月の輸出受注は過去最高を記録 年間の成長率は20%を超える見込み

台湾景気NEWS

POINT9月の輸出受注額が629億米ドルであることを発表しました

経済省は本日、9月の輸出受注額が629億米ドルであることを発表しました、年率25.7%の増加となりました、19ヵ月連続でプラス成長となっただけではなく、記録的なパフォーマンスも達成した、単月では過去最高となります。

1月から9月までの受注額は4,816億3,000万米ドルであり、年間32.4%の増加です。例年の同時期に比べて過去最高となっただけではなく、1988年以来、最高の年間成長率を記録しました。

昨年を上回る受注量

今年の前の10ヶ月間の受注量は、昨年を上回ると予想されているので,通年の成長率は20%を突破する見込みです。9月の輸出受注額は629億米ドルとなり、年率25.7%の増加で,単月では過去最高の19ヵ月連続でプラス成長となりました。

第1~3四半期では4,816.3米ドルでした、年間32.4%の増加となった1988年以来、最高の年間成長率を記録しました。その中に電子機器製品が単月で過去最高を記録、当月の主な成長要因になった受注額は194億9,000万米ドルです。

年率21.5%の増加となった、20ヵ月連続で2桁のプラス成長です。主に、スマートフォンなどの電子消費製品の新製品発売による上場、これに年末のストック需要が加わり、ウエハベースの半導体の需要を牽引しています。

情報通信製品も高い成長を維持しています,受注額は193億9,000万米ドル、年間39.1%の増加,主な成長要因は国際ブランドのインテリジェンス新製品上場。パネル型光学機器はは28億7,000万米ドル、年間19.5%の増加でした。

プラスチック・ゴム製品などの化学製品も増加

主に、価格が下落したにもかかわらず、前年同期に比べて高かったことによるものです。伝統的な産業側では、原材料の価格上昇により引き続き強含みで推移しました,その中ベースメタルは32.4億米ドル、年間46.5%の増加でした。

主な要因は世界的なインフラ整備や、中国の電力制限による鉄鋼価格の上昇により、鉄鋼需要が増加した。 機械製品は、主に半導体や自動化装置への投資が増加したことにより、13.1%増の21億4,000万米ドルとなりました。

プラスチック・ゴム製品は28.3%増の26億2,000万米ドル、化学製品は主に原油価格の高騰と需要の回復により44.8%増の20億9,000万米ドルとなりました。10月の受注額は、前年同期比22.1%から25%増の630億ドルから645億ドルになると、

統計局の局長は予想しています。 10月の受注が予想通りであれば、昨年の受注額が5336億6千万米ドルであったことから、今年の受注額は年初来の10ヶ月間で昨年の水準を上回ることが予想されます。

統計局の局長の談話

また、統計局の局長は、今年の第4四半期が昨年を下回らなければ、年間の受注残高の伸びは20%から、少なくとも22%になるだろうと述べている。流行の後退や中国の電力制限が第4四半期の受注に影響するかどうかという質問に対して、統計局の局長は、現在の長距離のビジネスチャンスは下方修正されているものの、教育や企業の長距離展開には依然として堅実で強固な需要があると述べています。 短期的には、中国の電力供給規制による影響はほとんどなく、在庫の解消や他地域での生産能力の展開が可能となります。

しかし、これが当たり前になるかどうか、不確実性を見極める必要があるため、今後の影響はより大きくなります。

以上
自由時報より一部を翻訳しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事