Top / 企業情報

LinkBizの強み

1.アジア各地の店舗経営経験を持つコンサルタント集団

LinkBiz台湾にお問合せ頂くお客様の中には

「日本国内やアジアの様々な進出サポート企業を訪ねたが、言葉がしゃべれる人はいても、アジアの現場実務に精通した人から生の経営情報を聞ける機会が少ない」

と仰る方が少なくありません。

LinkBiz台湾の所属するベンチャー・リンク台湾では台湾をはじめ、アジア各地で店舗ビジネスを営んでおります。
その為、常に直接消費者の動向に接しており、敏感に消費者の動向を掴み取ることができます。
また、現場のマネジメントに携わっていると様々な経営の課題や解決方法に対する情報が得られ、机上では得られない多くの経験が得ることができます。

LinkBiz台湾でコンサルティングに携わる者は全てこの経験を積んでいます。
そして、その経験をもとに台湾、アジアに進出される企業様に有効なアドバイスさせて頂いております。

2.日本企業のアジア進出戦略サポーター

LinkBiz台湾の所属するベンチャー・リンク台湾は台湾・香港・中国に法人を持ち、日本とシンガポールに活動拠点があります。
その為、各地域のビジネス環境を客観的かつ相対的に比較しやすい環境にあります。

日本企業にとってのアジア第一進出地域は企業様毎に最適地域は異なります。
海外進出のファーストステップにつまづいてしまうと、その後なかなか先へは進めません。
主観的な判断に惑わされず、自社に応じた冷静なアジア進出戦略の構築が求められます。

LinkBiz台湾では、アジア各地に展開するネットワークを活かして顧客の現状を客観的に分析し、最適なアジア進出戦略構築のお手伝いをしております。

3.自らの経験を通じて精選した企業

日本からの進出企業が心配されることの一つに

「地場企業の品質は果たして大丈夫なのだろうか?」

ということが挙げられます。

一般的には、確かに地場企業の品質水準は日本企業の要求を満たすほどではありません。
その為、残念ながら取引時に多くの問題が生じているのが現実です。
LinkBiz台湾を営む我々もこの8年間で多くの問題に直面しました。

一方で粘り強くお付き合いを続けていると、次第に日本企業の期待水準を理解して素晴らしい品質を提供してくれる企業もあります。

LinkBiz台湾が地場企業との提携する際は

「まず自らが体験し、納得できる商品・サービスのみを提供する」

という方針を貫いています。
それにより安心して低価格な商品・サービスを提供できるのです。

4.圧倒的な価格競争力

「優良提携先との長年の実績と信頼から得られる優遇価格」

先の項目でも触れましたように、LinkBiz台湾では地場の多様な優良企業を選び抜いた上で提携し、長年にわたってその取引実績を積み上げて参りました。

また、提携企業にとっても信頼性の高い日本企業と取引できることは多くのメリットがあるため、信頼を積み重ねていけば価格をはじめ諸条件を地場企業以上に優遇してくれています。
その為、日本人・日本企業プライスでは無く、地場価格で、しかもサービスによっては地場最安値でご提供ができるのです。

「日本の数分の一以下で得られるコンサルティングノウハウ」

LinkBiz台湾の所属するベンチャー・リンク台湾は元々一部上場企業のコンサルティング会社の子会社でしたが、
2010年に現代表がアジア各社をMBOすることにより、オーナー企業として新たなるスタートをいたしました。
そのため長年蓄積したコンサルティングノウハウを、地場企業にも使って頂きやすい価格にして提供することができるようになりました。

日本語・中国語双方でコンサルティングが可能なため、特に日系企業にとってはお気軽にご利用頂くことができます。

5.日本人による厳格な品質管理

LinkBiz台湾の商品・サービスの優位性は価格のみならず、日本・台湾双方に精通する日本人スタッフにより、厳格に品質管理されておりますので、安心してご利用頂くことができます。

担当者紹介

坂端 宏治

坂端 宏治
台湾威凌克股份有限公司 董事 兼 副総経理
鳥取県生まれ。東京都立大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。
学生時代より、東京都内各地やイベント場にて移動屋台を行い飲食店経営に触れる。
その後、縁あって台湾に渡り、台北にてカフェレストランを立ち上げる。
二年間の飲食店運営後、実践的な中国語習得のために店を後輩に譲り、日本語教師をしながら中国語を再勉強する。
一年の語学勉強を終え、ベンチャー・リンク台湾に入社。
日本式居酒屋のホールスタッフから、店長、責任者とキャリアアップし、現在は、ベンチャー・リンク副総経理として二部門を統括している。


張映梵

張映梵
台北出身。嘉義大学歴史専攻学士課程修了。
大学を卒業し、兵役を経て、2013年に入社。
現在は、主に会社設立、商品輸入手続きのサポートを担当。


權田猛資

權田猛資
台北在住。
語学留学を経て台湾の大学院に進学。2016年に入社。
現在は、主に人材採用、弊社ホームページ及びFBページの運営、ビジネスコラムの執筆を担当。

企業概要

称号台湾威凌克股份有限公司
Venture-Link Taiwan Co.,Ltd.
(ベンチャー・リンク台湾)
台湾本社10459 台北市中山區松江路158號8樓之5
設立2005年4月6日
資本金NT$29,000,000
代表者渡邊崇之
電話02-2511-6310
日本語ホットライン
台湾国内専用 02-2568-2334
日本からの専用 090-9534-4176 (日本の携帯電話料金でご利用できます。)
FAX02-2511-6320 (国際電話 +886-2-2511-6320)
Webhttp://venture-link.com.tw
統一編号27578477
従業員数28名
取引銀行みずほ銀行台北支店
華南銀行
新光銀行
中国信託銀行
國泰世華銀行
合作金庫銀行
事業内容日本企業の台湾進出支援
レンタルオフィス・バーチャルオフィスの運営
在台湾日系企業向けコストダウンサービスの提供
各種経営コンサルティング
オンデマンド販促物の制作
WEB・電話による日本語事務のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
フィットネスクラブの運営
グループ企業株式会社ベンチャー・リンクジャパン
亞洲威凌克控股有限公司