【所得税】居留証の有無で台湾で支払う所得税はどう変わりますか?

所得税

台湾で支払う所得税とビザの有無には関係がありません。
台湾での所得税は台湾滞在日数によって決まります。

では台湾滞在日数でどのように変わってくるのでしょうか?
下記①②③④によって変わります。

①台湾滞在日数 90日以下
②台湾滞在日数 91-182日
③台湾滞在日数 183-299日
④台湾滞在日数 300日-365日

自分の台湾滞在日数は移民局に行くと調べることができます。
日数の計算方法は 入国日は含まないので、3泊4日で訪台した場合は3日間となります。
台湾個人所得税

では①~④について、台湾での所得と日本での所得についてみてみましょう。

【台湾での所得について】

①② 税率18%
③④ 5-45%の範囲で累進課税 
台湾個人所得税

※外国人が台湾で所得を得る場合は支給後10日以内に源泉徴収にて納税する必要があります。
税率は給与によって変わり、 給与額30,012元以上は18%、給与額20,012元未満は6%となります。
ちなみに②③④の方は翌年5月に確定申告が必要となり、 そこで多く払った分は返金されます。
少ないと追加で支払います。

【日本での所得について】

①免税
②日数按分で課税 一律18% 
③日数按分で課税 5-15%の源泉徴収 給与は5%ロイヤリティは15%など
④全額課税 5-15% 給与は5%、ロイヤリティは15%

など決められた税額があります。
以上ご参考ください。

    コメント


    認証コード3695

    コメントは管理者の承認後に表示されます。